自分らしい使い方を

元金均等払いはかりた元金を返済回数で割ってみて返済をしていく形になりますが、毎回返済をしていくごとに利素行が減っていいますから、トータルで支払っていくような金額は元利均等払いよりかは少なくなってくるでしょう。そして数年単位の長期返済をかんがえたときには、元金均等払いのほうがとても負担が少なくて済むのです。そして一回の借り入れに対しての返済方法として利用できます。
そして、リボルビング支払とは、返済回数を指定していき分割返済をするような方法であり、リボ払いと呼ばれています。そしてリボルビング払いは返済をした金額の範囲内ならば何度でも繰り返し利用していけます。ですが、借入金額が増えていっても毎月の返済額が変わりませんから、借金をしているよな感覚がなくなるのです。そして返済期間が長くなればなるほど総支払額が大きくなってきますから、注意が必要になります。